占いといえばやはり。対面占いでしょう。
経験したことがないという人は多いでしょうが、知らないという人はいないでしょう。
占いに全く興味がない人だって知っていると思います。
ですが、興味があったりどうしても占って欲しくて言ったはずなのに、目の前に座ったら緊張してあまり話せなかったとか、結果を覚えていないという人もいるかもしれません。
そういう場合は、出来るのであればメモを活用したほうが良いのかもしれません。
占ってほしいことをそこに書いておいて、結果もそこにメモするのです。
もちろん、それが可能ならの話です。
もしかしたら、駄目な場合もあるかもしれません。
不安な人は、予め連絡して聞いてみると良いかもしれません。
占いに緊張はつきものです。
それが対面式なら当然だと思います。
ですので、緊張しすぎる必要はないのではないでしょうか。
みんな緊張していると思えば、過度に緊張することもないと思います。
まずは、楽しむという気持ちが大事なのではないでしょうか。
テレビで芸能人が対面占いをやってもらっているのを見るのは、割と楽しいですよね。
もちろん、暗い話題だと楽しいも何もありませんが、恋愛とかだと楽しく見ることが出来ます。
その感覚で良いのではないでしょうか。
確かに、自分がやってもらうのと人がやってもらっているのを見るのとでは全く違うかもしれません。
それでも、楽しむという気持ちを忘れてしまうと、心が苦しくなってしまいます。
占って欲しいはずなのに心のどこかは苦しいなんて、自分が1番悲しくなってしまうと思います。
ですので、占ってほしいという気持ちはもちろん大事ですが、楽しむというのも大事にしてほしいなと思ってしまいます。
私の友人は占い好きでたまに占ってもらうそうですが、あまり深刻なときは逆に行かないと言っていました。
そこに全て委ねてしまいそうだからとのことです。
それもなんか分かるような気がしました。
ですので、結局は上手く利用出来るか否かではないでしょうか。
上手く利用すればきっと楽しいですし、良いサポートのような感覚でしょう。
ですが、間違ってしまうとそこに委ねて自分ではあまり考えられなくなるのかもしれません。
あくまで、サポートの一部と考えたほうが良いのかもしれないと私は思っています。
実は私は、ちゃんとした対面占いの経験がありません。
それっぽいのはあるのですが、ちゃんとしたのは未経験です。
行ってみたいという気持ちはありますね。